本のプロモーションノウハウ

ブログはじめました

本を売る3つの視点

本は1日に200点以上出版され、年間8万点以上が流通されています。


毎日200点以上の新商品が発売される業界は、知る限りありません。


販促をしないと新刊でも書店の棚に埋もれ、もしくは陳列されない場合もあるのです。

 

 

そうなんです。

 

 

出版をしたならば、売らないとならないのです。


もちろん、出版社営業マンも販売をしてくれます。


ただ、あなたの本だけを販促しているのではないのです。


そこで、あなたが自ら販促をするのです。


あなたが、できることはたくさんあります。


一例をあげます。


書店だけではなく、違う販路を探すのです。


本のテーマにあった場所へ、販促をするのです。


その前に、大事なことがあります。

 

 

それは・・・・・

 

 

購入者ターゲットを決めるのです。


本を売るため、めっちゃ大切なポイントです。


購入者層を決めると、売る販路が明確になりますからね。


本の購入者ターゲットが決まれば、あとは「売る場所」を考えるのです。


たとえば、売る場所は書店以外に美容院、病院、ディラー、個人経営店、飲食店などがあります。


ただ本を置いてもらうだけは、いけません。


読者が本を購入して「得」をしたと、思ってもらうことが大切です。

 

 

そのためには・・・・・・

 

 

あなたの本へ、プラスアルファの「価値」を付けるのです。


本で言えば、「特典」です。


「ヒト」、「モノ」、「コト」、「情報」の4つから考えるのです。


ヒトは面談、モノは食べ物、コトはセミナーへの参加権、情報はノウハウ集や事例集などがあります。


本を購入すると、さらに「得」をしたと思ってもらうための価値を伝えるのです。


特典を付けることは、本を購入する後押しになります。


本を売る視点は、場所×ターゲット×特典が必要なのです。