本のプロモーションノウハウ

ブログはじめました

売れているビジネス書のキーワードをお伝えします

「売れているビジネス書には、傾向があります」と、書店店長がいっていました。

 

 

それは・・・・・

 

 

「簡単、時短、すっきり」がキーワードなのです。


現在、売れているビジネスの3つの要素です。


要約すると、わかり易く短時間で得たい情報を知ることができる本なのです。


いわば難解の上級者向けの本より、簡単な初級者向けの本の方が多いのです。


難解書を分かり易く、コンパクトにポイントだけまとめた本や、マンガで内容を伝える本があります。


実例ですが、マインドフルネスに関した本の販促をしました。


分かりそうで分からないため、図解本を購入したのです。


図解だと、かみ砕いて書いてあり、内容が伝わり易く理解を早めました。


どうしても知りたい内容や業務に関した場合は、理解を深めるために親本(原本)以外に解説書を購入する傾向にあるのです。


そこには、出版社がテーマにより入門書を出版されている理由からも分かりますね。

 

 

あと、売れているタイトルもお伝えします。


このキーワードはずっ~と、書店の棚を賑やかしています。

 

 

それはそれは・・・・・・

 

 

「一流」です。

 

 


タイトルに「一流」と入っている本は、売れています。

 

ここ3年くらい売れている「キーワード」です。


たとえば、「一流になるためのコンディション」、「一流の人がおこなっている気配り」、「一流の人がおこなってる習慣」、「一流の人がやっていることVSやらないこと」、「一流になる人Vs一流になれない人」などのタイトルがあります。


一流の判断基準は難しいのですが、読者が一流なりたいという願望に時代がマッチしているのですね。


本を通じて、一流になりたい方、あり方、振る舞い方などを知りたい読者のニーズがあるのです。


なぜならば、これだけ一流のタイトルが付いた本が出版されているからです。