本のプロモーション

ブログはじめました

本を出版したらあなたが売るべき理由

本は出版したら、終わりではありません。


出版したら売らないと、ならないのです。

 

 

売るべき理由は・・・・・・

 

 

出版社は、あなたに300万円を投資しています。


300万円とは、本を出版するのに必要な金額と考えてください。


多くの著者は、勘違いしていることがあります。


「本の販促は、出版社営業マンがしてくれるから大丈夫だ」と、思っているのです。


確かに出版社営業マンは、あなたの本を販促してくれます。


ただ、あたたの本だけに特化して、販促をしてくれる訳ではありません。


あなたの本が出版される同月に、違う著者の本や既刊の販促をおこなっているからです。


そのため1冊でも多く販売をするためには、あなたが本の販促を積極的にしないと、売れないのが現状なのです。


多くの著者の方は、販促方法を知り得ません。


本を出版をすることに精一杯であり、販促まで考える余裕がないのです。


ですが、ご安心ください。


販促をさせていただいた著者は、販促方法を知り得ていない方が多いのです。


販促方法は、書店へより多く本を陳列する方法や、店頭ランキングインする方法などがあります。


あなたが販促をすることにより売れ、重版につながる可能性が高まるのです。


本は販促をするとにより、売れます。


たとえば、Amazonキャンペーンが良い例です。


はじめて出版された多くの著者はAmazonキャンペーンをおこない、ランキング1位を狙います。


ランキング1位を得れば、ブランディングにつながります。


ただ、ランキング1位を取ったことを、販売先である書店へ知らせていないのです。


以前、書店はAmazonを敵対視していましたが、最近ではランキングに入った本は売れている本として認識しており、発注をしている書店もあります。


Amazonにランキングインしたことを、書店員へ知らせるのです。


方法として編集者を通じて、出版社営業マンへ伝えてもらうのです。


多くの著者は、仲間や知人へ知らせていますが、書店員へ伝えていないのです。


Aamzonキャンペーン以外にも販促をすべきことは、たくさんあります。


「出版社へお願いすべきこと」、「著者がおこなうべきこと」、「仲間やビジネスパートナーへお願いすること」などがあります。


本気で本を売るためには、出版社営業マンに頼ってるだけではいけないのです。


大切はことは、あなたが販促をおこなうのです。


あと、せっかく出版をしていただいた出版社へ御礼の意味があります。


300万円を投資して、いただいていますからね。


ある編集者から聞いたことですが、「1冊目の出版が重版につながらないと、2冊目以降の出版が難航します」と言われています。


著者が積極的に販促をすると、あなたが「本を売りたい」という熱意は、出版社へ伝わります。


まれに、著者の販促を断る出版社もあります。


大手出版社に多い傾向が、あります。


ですが、当社が編集者を通じて著者が販促内容を伝えると、販促が可能になった実例もあります。


熱意は、伝わるのです。


販促方法でお困りの際は、ご連絡くださいね。


あなたにマッチした販促方法をご提案します。


ちなみに新刊、既刊を問いません。


ご安心くださいね。