本のプロモーションノウハウ

ブログはじめました

出版はゴールではなく、スタートだ!

多くの著者は、勘違いしていることがあります。

 

 

それは・・・・・・

 

 

本は出版して終わりではなく、スタートなのです。


本は販売をして、終了となるのです。


もしかしたら本が完成した後は、「出版社営業マンが販売してくれるから大丈夫!」と、思っていませんか?


確かに、出版社はあなたの本を販促してくれます。


ですが毎月刊行される出版点数にもよりますが、きめ細かく販促ができない場合が多いのです。


実例でお話しします。


出版社時代に毎月50点以上の新刊が、出版されていました。


年間でなく、毎月ですよ。


本来ならば1冊ずつ原稿のコピーを読み、内容を把握してから販促をすることが理想です。


しかし、新刊販促以外に先月出版された本の販促などの業務もあります。


1冊ずつ細目に販促をしたいのですが、できない状況だったのです。


そのため、毎月販売を強化する本を1点決め、重点的に販促をしていたのです。


すべての本に販促をしたいのですが、時間的余裕がないのです。

 

そこで、著者が販促をするのです。


著者がおこなうべき販促は、多くあります。


献本やキャンペーンの準備、書店員さんへの挨拶、POP作成、応援してくれる方への告知依頼などがあります。


本は、発刊後が一番売れます。


通常新刊は、書店で平積みや面陳(本を立て表紙を見せる)のため目立ちます。


平積みや面陳にするためには、発売前の準備が必要となります。


新刊販促をするタイミングは、発売前なのです。


発売後でも販促は可能ですが、おこなえる販促が少なくなるのです。


当社に販促の依頼がある多くの場合は、発売前後が多いのです。


非常にもったいないのです。


発売前1カ月前なら、販促する方法が多くありますからね。


あと著者が販促をおこおなう場合は、必ず出版社へ許諾を得てくださいね。


なぜならば、本の所有は出版社にあるからです。


方法は編集者を通じて、営業マンへ挨拶をおこなえばよいのです。


本は出版したらゴールではなく、実はスタートなのです。